江戸時代中期に繁栄の象徴となったうだつに関連した事例を中心に土木遺産を紹介します。
 
モデルコースでは、うだつの中でも全国的に珍しい「二層うだつの町並み」、オランダの出身の土木技師ヨハネス・デ・レイケが設計した「大谷川堰堤」等、4つの事例を掲載した日帰りコースです。
 
西部モデルコースの詳細はこちら

事例一覧はこちら

 

 

西部地方
モデルコース

 

出発:徳島空港

 
 
 
 
 所要時間:約1時間 

うだつの町並み 

富の象徴へと変わった
豪華な防火壁

 
 
 所要時間:約10分 

大谷川堰堤 

デ・レイケ設計の
砂防堰堤
 

 
 
 所要時間:約20分 

二層うだつの町並み 

全国的に珍しい
二層のうだつ

 
 
 所要時間:約40分 

土釜橋

美しい渓谷にかかり
アーチ状の縦桁が特徴