東予地方

日本の近代化に寄与した別子銅山関連を中心に土木遺産を紹介します。
 
モデルコースでは、丁寧で優れたデザインが施された「大宮橋」、東洋のマチュピチュと呼ばれる「別子銅山 東平地区」等、4つの事例を掲載した日帰りコースです。
 
東予モデルコースの詳細はこちら

事例一覧はこちら

東予地方
モデルコース

 

出発:松山空港

 
 
 
 
 所要時間:約1時間 

大宮橋

ギリシャ建築を模した
豪華な橋梁

 
 
 所要時間:約1時間 

旧広瀬邸

西洋の文化を取り入れた
近代和風住宅
※入場料 ¥500

 
 
 所要時間:約20分 

遠登志橋 

国内に現存する中でも
最古級の鋼製アーチ橋

 
 
 所要時間:約40分 

別子銅山

豊かな自然の中、
多くの産業遺構が佇む
”東洋のマチュピチュ”